ジョブカレッジ仙台
介護の資格はジョブカレッジ仙台
在校生へ  卒業生へ  施設の方へ

介護の資格【介護職員初任者研修】とは

現在、介護の仕事に就こうと考える場合、介護施設の求人に【ヘルパー2級以上】または【介護職員初任者研修以上】という応募資格の要件がよくあります。

介護職員初任者研修とはどのような資格なのか、ご説明していきます。
 

2013年度にヘルパー2級から初任者研修に資格が変更

2013(平成25)年度から、介護の資格制度が新しくなりました。
以前の資格制度にはホームヘルパー2級、ホームヘルパー1級、介護職員基礎研修などがありましたが、これらの資格制度は廃止となります。
ただ、これらを既に取得している方は、そのまま介護の仕事に従事できることになっています。

現制度では「介護職員初任者研修課程」が、ホームヘルパー2級に相当し、制度改訂に伴い、カリキュラムが新しくなりました。

 

研修科目 及び 研修時間数(合計:130時間)

1 職務の理解 6時間
2 介護における尊厳の保持・自立支援 9時間
3 介護の基本 6時間
4 介護・福祉サービスの理解と医療との連携 9時間
5 介護におけるコミュニケーション技術 6時間
6 老化の理解 6時間
7 認知症の理解 6時間
8 障害の理解 3時間
9 こころとからだのしくみと生活支援技術 75時間
10 振り返り 4時間
 

介護職の入門の資格『介護職員初任者研修』

介護の仕事に就くには、2012(平成24)年度末までにホームヘルパーや介護職員基礎研修を取得しているか、2013年度以降に介護職員初任者研修を取得していることが望まれます。

初任者研修は介護職の入門の資格となります。受講し資格を取得することで介護の知識・技術だけではなく高齢の方との接し方や介護・福祉の考え方なども学ぶことができ、就職に有利なだけでなく、高齢の利用者に対してよりよりサービス(支援)を提供することができるようになります。

介護の資格を整理すると次のようになります。

※一部、資格が無くとも働ける施設形態もあります。
 

以前と現在の資格制度の違い


介護職員初任者研修など資格の種類

今後の介護人材のあり方(厚生労働省)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000011uv3-att/2r98520000011uwt.pdf(PDF)

 

平成28年度(第29回)以降は国家資格である「介護福祉士」を受験するには「初任者研修」の上位資格である「実務者研修」を取得し、かつ実務経験が3年間必要となります。まずは、介護職員初任者研修を取得し、介護の現場で実務経験を積むことが大切です。

 
資格取得の為のスクールの資料請求はこちら 資格取得の為のスクールの資料請求はこちら
 

ジョブカレッジ仙台からのご案内

初任者研修の受講料が無料

ジョブカレッジ仙台では、初任者研修を無料で開講しております。

当校では介護・福祉の様々な事業所に早期就業できるよう介護施設への見学ツアー、ボランティアの参加、独自の会社説明会など様々なサポートも無料で行っています。


受講料無料の案内 受講料無料の案内(スマホ) 無料の介護職員初任者研修講座について詳しくはこちらをクリック  

ジョブカレッジ仙台についてもっと知りたい


ジョブカレッジ仙台校

〒980-0011

宮城県仙台市青葉区上杉1-8-19

副都心ビル上杉百番館2階

Copyright (c) 2010 株式会社サクラボ | ジョブカレッジ仙台 All Rights Reserved.